ホーム クラブの紹介 クラブのあゆみ 部会紹介
会報「くぐひ」 月間予定 会員募集 私のアルバム
活動場所 リンク


おもちゃの病院


◆おもちゃの病院受付1,000件達成(2014年7月27日)はこちら
◆おもちゃの病院に感謝状(2014年5月26日)はこちら
◆おもちゃの病院エピソード 「愛犬てつの入院物語」はこちら

11月の活動

◆11月11日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:8名
        来院者:15名 新患:25件 退院引取り:8件 当日完治:14件
◆11月28日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:8名
        来院者:17名 新患:13件 退院引取り:5件 当日完治:4件

  先月も報告したが、ラジコン系のおもちゃ修理が多くて困難を極めている中、久しぶりにプラレール(トーマス系、新幹線車両)修理があった。
一件はご多分に漏れず、電池ケース端子のサビが原因の絶縁。
もう一件はゴミ(綿ぼこり、髪の毛)による動作不良だった。
写真は一台から出たゴミで、この量では流石にモーターも力負けする様だ。
今後は、ドクターの工具にブラシと綿棒が必需品となりそうである。
皆さんも、お掃除は小まめにやりましょう。


報告・写真:池田(雄)

10月の活動

◆10月14日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:9名
        来院者:21名 新患:5件 退院引取り:8件 当日完治:0件
◆10月28日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:7名
        来院者:7名 新患:1件 退院引取り:2件 当日完治:1件

 今月から池田雅一部会長さんから引き継ぎ、新部会長となりまして初めてのご報告となります。
最近の患者さん傾向はラジコンのおもちゃが多くなり、電気だけでなく電波も故障箇所が見ただけでは判断出来ず、四苦八苦しているのが現状です。
 そんな中で、Hドクターが診断治療したラジコン戦車、苦労され完治させて持主のお子さんにお渡しした処、非常に喜び早速院内で試運転。あまりの喜びに長い間、動かしていました。おもちゃと言えども戦車の音があまりにもうるさく、さすがにHドクターから「うるさい」の一言。しかし、運転をやめても笑顔は続いていました。

 おもちゃを治し、渡せた時の受け取る子供達の笑顔は関係者全員の喜びとなり、おもちゃの病院を続けられる糧となる一時でした。兎にも角にも、子供達の笑顔は良いですね。

報告:池田(雄)

9月の活動

◆9月9日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付,参加者:11+1名
        来院者:17名 新患:7件 退院引取り:5件 当日完治:1件
◆9月23日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付,参加者:6+1名
        来院者:20名 新患:11件 退院引取り:6件 当日完治:5件

 9月1日の倉庫たな卸しにより、整理棚がすっきりして、おもちゃ病院:診察・手術室への運搬が大変楽になりました。
 現在おもちゃの管理についてデータベース化を検討中です。受付担当でまず作業フローを研究し、部会メンバー全員で相談しながら組み立てていく予定です。運用が開始となれば管理方法が簡素化され、進行状況や在庫の現状把握が速やかにできるようになりサービス向上が図れると思います。(会社みたいですね!!)
 23日におもちゃの修理しているところを見てみたいという子供さん(修理するおもちゃは無いのです)が来院しました。
 自分の持ち込んだおもちゃを修理するところを質問攻めにする子はたまには居ますが見学のみの子供さんは初めてではないでしょうか? かわいいので写真を撮らせていただきました。Vサインをしてくれました。
                             

私"池田雅一"の投稿は今月で終了です。次回からは新部会長"池田雄一さん"の投稿になる予定です。ありがとうございました。
報告・写真:池田(雅)

8月の活動

◆8月12日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付,参加者:9名
        来院者:8名 新患:4件 退院引取り:5件 当日完治:2件
◆8月26日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付,参加者:11+2名
        来院者:10名 新患:4件 退院引取り:8件 当日完治:2件

 前回倉庫の在庫に関して苦慮している点を述べましたが、9月1日の15時から「たな卸し」を実施し、長期間引取りのないおもちゃをリストアップし所有者へのはがきによる連絡をして引き取りを促し、もし一定期間を過ぎても来院がない場合は処分し部品取りをしたいと考えています。(公民館と協同)
 また修理が未実施で日時だけが過ぎているおもちゃも散見されるので、在庫すべてのおもちゃの入院時期を確認し全体的バランスをとり、極端な修理遅延のないよう配慮したいと考えています。

報告:池田(雅)

7月の活動

◆7月8日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:9名
        来院者:19名 新患13件 退院引き取り4件 当日完治7件

◆7月22日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:9/10+2名
        来院者:9名 新患:7件 退院引取り:5件 当日完治:2件

 このところ大変暑い日が続いています。新患受付のペースはそれほど大きな変化はありませんが、修理完了の引き取りの件数は低くて在庫が増え管理も大変です。特に閉院時倉庫へ収納するのですがスペースが限られているため全数を収納するのには、何度もやり直したりして大変苦慮しています。
(小さな「おもちゃ」から大きな「おもちゃ」まで種々雑多をうまく収めることが必要です・・・)

報告:池田(雅)

6月の活動

◆6月10日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12+ゲスト4名
         来院者:10名 新患:8件 退院引取り:4件 当日完治:4件
 
◆6月24日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13+ゲスト1名 
         来院者:30名 新患:38件 退院引取り:5件 当日完治:8件

・ ドクターのつぶやき 〜その2〜
 24日の新規患者は38件とかつてないくらいの数でした、こうなると受付・診断に忙殺されて大変、受付スタッフもドクターも目の回る忙しさでした。
またドクターはおもちゃの修理中に一旦手を止めて診断に廻ります。
でも受け付けスタッフはどのドクターにやって貰うか様子を見ながら配分しています。きっと結構気を使っていただいているのではと思います。

 でもドクターの心の内に入ってみると・・・(表現は何かの番組から流用)
おもちゃ修理は故障箇所の発見、修理方法・手順を考えながらやっており、ある程度精神を集中しないと脳の思考回路および手先がうまく働かず診断のための中断は厳しいな・・・、でも診断も大事なことなのでお客様には親切丁寧に接しながら両方をうまく処理できるように努力しています。

報告:池田(雅)

5月の活動

◆5月13日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 来院者: 9名 新患:12件 退院引取り:2件 当日完治:6件
             ドクター・受付参加者:13名 
◆5月27日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00  来院者:26名 新患:16件 退院引取り:5件 当日完治:9件
             ドクター・受付,参加者:12名

ドクターのつぶやき 〜その1〜

壊れたおもちゃを預かって「さあ直すぞ」と意気込んではみたものの、@分解の仕方が分からない。
Aこのおもちゃはどのようにして遊ぶのか、またどういう原理で動くのか分からない。
等悩むことが多々あります。

@の場合分解できなければ、強引に裏蓋を外すか、のこぎり等での切断も考えます。
 その時、頭をよぎるのは元のようにきれいに復元できてお客様に手渡しできるか不安になります。
 どうしても無理に空けると壊れてしまうようなケースも想定され断念したこともあります。
 でもやるしかないと腹をきめて取り掛かり無事に直したケースのほうがはるかに多いようです。
Aの場合は「ああでもない・こうでもない」とドクター間の意見交換の場ともなります。
 または、お客様に改めて電話してお聞きするとか、頭の中でいろいろ考えます。きっと脳の血流が盛んになり低下気味の思考回路に多少は好影響を与えてくれるのではないかと思っています。

報告:池田(雅)

4月の活動

◆4月 8日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付参加者: 13名
    来院者: 9名 新患: 5名 退院引取り:2名 当日完治:0件
◆4月22日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付,参加者: 14名
    来院者:26名 新患:16名 退院引取り:4名 当日完治:7件

 4月22日は4月とは思えない暑い日でしたが、新患が16件と多い日でした。
新患が増えると悩みの種が増えます、それは入院患者の収納場所に苦慮することで、所定の場所へいかにうまく収めるかで大変です。時には子供が乗って走る大型の自動車等はその場所では置けないために臨時に他の倉庫へ置いてもらうこともあります。

 話は変わりますが女性ドクターの「柴田さん」が熱心に参加されています。
女性ドクターは来院者にとっても、貴重な存在と思われます。他の病院はどうか気になるところですが当病院のユニークな戦力として育ってほしいと思います。

報告:池田(雅)

3月の活動

◆3月11日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付,参加者:9名(内ゲスト2名)
        来院者:30名 新患:13件 退院引取り:4件 当日完治:4件 
◆3月25日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付 参加者:11名(内ゲスト3名)
        来院者:4名 新患:2件 退院引取り:1件 当日完治:1件

2月の時点で新患受付件数が2,000件を越えました。
2014年の1,000件達成の時には来院者に記念品をお渡ししましたが、今回は特に実施しませんでした。
ほぼ4年で1,000件のペースとなり前回1,000件記念の時にも記録開始以来4年で達成しています。
来院者数のペースにここ8年間は大きな変化は無いことになり、地域の皆様の要請に対して着実に実績を残してきています。
次の3,000回を目指しこれからも日々研鑽していきたいと思います。

報告:池田(雅)

2月の活動

◆2月11日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付参加者:10名
        来院者:15名 新患: 9名 退院引取り:6名 当日完治:5件
◆2月25日(日)鵠沼公民館 13:00~16:00 ドクター・受付参加者:15名(内ゲスト1名) 
        来院者:11名 新患:9名 退院引取り:4名 当日完治:4件

2月25日よりドクターの佐野さんが受付を担当することになりました。
主に、新患との面談、ドクターへの振り分け、引き取り時、担当ドクター不在時の病状、治療説明を担当していただき、ドクター体験を活かした受付業務のサービス向上になると思います。

報告:池田(雅)

2018年1月の活動

◆1月14日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:15名
      来院者:14名 新患:9 退院引き取り:1件 当日完治:2件 
◆1月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
      来院者:15名 新患:16 退院引き取り:5件 当日完治:7件 

 −−−29年の受付数等のまとめーーー

27、28年との数値比較をしてみますと
27年 来院 398名 新患受付 299件 当日完治 101件
28年 来院 345名 新患受付 257件 当日完治 107件
今29年 来院 307名 新患受付 256件 当日完治 106件

受付件数は昨年と比較して来院者は減ったものの新患受付、当日完治はほぼ28年と同数でした。
来院者が減少したのは、保護者のみで修理に来られる方が増えたものと思われます。
最近の修理の傾向として、ドローン、超小型ヘリコプター等ドクターにとって手強い相手が少しずつ増えています。超小型で分解することも困難な状況でなかなか頭の痛い問題ですがスタッフ一同今年もお客様のご期待に添えるように努力いたします。

報告:池田(雅)

12月の活動

◆12月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
      来院者:16名 新患:22 退院引き取り:3件 当日完治:12件 
◆12月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
      来院者:12名 新患:9 退院引き取り:8件 当日完治:4件 

・12月24日にドクターの仕事に興味があり、暫く勉強したいという若い女性が来院(片瀬公民館のおもちゃ病院へは少し通っていたが、自宅近くの本院へ来られた)スタッフ一同びっくり、開院以来初めてのことと思われる。

・ネコのぬいぐるみが完治したため取りに来た女の子、嬉しいのですが、お母さんの笑顔とは対照的に、周りの雰囲気に緊張している様子、入院の時には悲しそうな顔をしたそうですが、帰る時にはニッコリ笑顔になりました。              
 

報告:池田(雅)

11月の活動

◆11月12日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
      来院者:12名 新患:21 退院引き取り:5件 当日完治:2件 
◆11月26日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
      来院者:15名 新患:7 退院引き取り:3件 当日完治:0件 

 11月12日の来院者の話の中で、先月10月22日の台風により休診した時にもおもちゃ修理のために当病院を訪ねて来たとのこと。申し訳ないという気持ちもさることながら、皆さんに頼りにされていること、そしておもちゃの修理に関する「思い」を痛感した日でした。

報告:池田(雅)

10月の活動

◆10月8日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
      来院者:4名 新患:6 退院引き取り:13件 当日完治:4件 
◆10月22日 台風21号接近による荒天予想のために休診

 8日は来院が少なかったが、久しぶりに引き取りは13件と好調でした。在庫が減少するのは倉庫収納が楽になり運営面でも良いことです。
 でも完治しないとやはり引き取りが低調になるようです。
22日は台風接近により休診にしましたが、今までに前例はないとのことで、残念でした、でも無理して開院したとしてもお客さんは来ないかも・・・・。
 でもスタッフの安全第一が大前提です。

報告:池田(雅)

9月の活動

◆9月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
      来院者:11名 新患:11 退院引き取り:1件 当日完治:6件 
◆9月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
      来院者:14名 新患:10件 退院引き取り:3件 当日完治:2件 

 9月9日に世話人により出展した「地域活動見本市」の成果が早速現れました。
 亀井野に在住の水谷さんという方が当病院を知りたいということで見学に来られ、質問も含め熱心さが伺えました。このところドクターの希望者が甘利さん以降は無く減少傾向ですので、是非とも当病院の一員として水谷さんに継続的な参加をしていただけることを期待しています。

報告:池田(雅)

8月の活動

◆8月13日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者: 10名
      来院者: 8名 新患:10件  退院引き取り: 2件 当日完治: 3件 

◆8月27日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
      来院者:22名 新患:10件 退院引き取り:5件 当日完治:3件 

 おもちゃ病院の大きな悩みのひとつに「電話連絡をしても修理後のおもちゃの引き取りに来て頂けない」ということがあります。そのために保管に関して倉庫内の整理に苦慮しているのが現状です。
一定期間経過した場合にはハガキでその旨をお伝えしますが、所在不明でハガキが帰って来る場合もあります。
 今回そのようなおもちゃを整理するために9月2日に倉庫内をスッキリさせようと関係スタッフで実施することになりました。また不用おもちゃの部品で再使用できるものは収集するようにして完治率の向上を目指せれば良いなと考えています。

報告:池田(雅)

7月の活動

◆7月9日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
     来院者:30名 新患:25 退院引き取り:2件 当日完治:10件 

◆7月23日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
      来院者:15名 新患:10件 退院引き取り:4件 当日完治:6件 

県立こども医療センターの「病院ボランティア:オレンジクラブ」掲載記事の中に当クラブのおもちゃ病院について書かれた記事がありましたので紹介します。
なおこのことに関して長谷川さんが医療センターと当「病院」のパイプ役となり活動されていることも付け加えさせていただきます。
 
 

報告:池田(雅)

6月の活動

◆6月11日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
      来院者:8名 新患:10 退院引き取り:5件 当日完治:8件 

◆6月25日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
      来院者:12名 新患:11件 退院引き取り:1件 当日完治:5件 

 今年度になってから、微妙ですが来院者が以前より少なくなっています。
 2月28日には35人と来院者のピークがありましたが、最近は10人前後となっています。
 理由はもちろん分かりません、利益追求の企業ではないので、問題はありませんが、逆にそのため多少時間に余裕が出来た分、お客様にじっくり対応できること、自分の工具の整備、整理整頓、情報交換等メリットがあり、ゆとり時間を有効に使っています。

報告:池田(雅)


5月の活動

◆5月14日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
      来院者:12名 新患:13 退院引き取り:10件 当日完治:7件 

◆5月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
      来院者:10名 新患:5件 退院引き取り:2件 当日完治:4件 

ドクターのつぶやき@
・修理するおもちゃを分解するとまた元通りに組みあがるかなと脳裏に不安がよぎります。
特に「プラレール」の「ギアボックス」。これは、中には歯車が場合によっては10個程度複雑に組んであります。まるでおもちゃメーカーが「やれるものなら分解してみろ」と言わんばかりでドクターの挑戦が始まりますが、下手をすると分解した途端スプリングがはねたり、軸受けが外れたりして、あっというまにバラバラになってしまいます。
さあ大変。頭の中は真っ白です・・・・。これをどのように組み立てたら良いのか、楽しいストレスと頭の体操で、ボケ防止には最高の薬になりそう。その後の反省会のお酒がさらにおいしくなります。
 反省会の話題は世間話から白熱した政治評論まで多岐にわたります。毎月第2、4日曜日いつもの蕎麦屋でやっております。おもちゃだけの話題ではありませんので興味のある方、近くをお通りの方、覗いてみてはいかがでしょうか。                  
報告:池田(雅) 

4月の活動

◆4月9日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
     来院者:4名 新患:7 退院引き取り:1件 当日完治:6件 
◆4月23日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
     来院者:8名 新患:6件 退院引き取り:5件 当日完治:5件 

 23日の反省会での話題・・・おもちゃを持ち込んだ子供さんはもちろんのことですが、それにも増してお母様が、修理に大変興味を示し、ドクターに対して分解や組み立てに関していろいろな意見やアドバイスを連発して、思わずドクターは苦笑い、でもドクターとお母さんは「ボケと突っ込み」のようで結構楽しそうでした・・・
普通なら身内以外のお母様方と、このような会話の機会はなかなか無いと思います。
これもおもちゃの修理ゆえのことであり、我々の精神的若さの秘訣のひとつかもしれません。                  
報告:池田(雅) 

3月の活動

◆3月12日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名(内ゲスト1名)
      来院者:8名 新患:6 退院引き取り:1件 当日完治:4件 
◆3月26日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名(内ゲスト1名)
      来院者:21名 新患:11件 退院引き取り:8件 当日完治:2件 

おもちゃの病院が藤沢市の広報番組「ふじさわ情報ナビ」のCATV  J:COMチャンネル神奈川(地上デジタル11CH)取材番組として、3月13日〜19日の間で放映されました。
もし見逃した方、CATVテレビの環境が整っていない方は、YOU TUBEで「藤沢市広報課ふじさわ情報ナビ」を検索すれば同じ内容が見られます。
探求クラブ全体の概要にも触れられていますので、クラブに興味の有る方にも分かりやすい内容になっています。
                         
報告:池田(雅) 

2月の活動

◆2月12日 13:00〜16:00 鵠沼公民館 ドクター・受付参加者:13名
 来院者:18名 新患:15 退院引き取り:3件 当日完治:7件 
◆2月26日 13:00〜16:00 鵠沼公民館 ドクター・受付参加者:9名
 来院者:16名 新患:5件 退院引き取り:6件 当日完治:1件 

2月12日は藤沢市の広報番組「ふじさわ情報ナビ」のCATV  J:COMチャンネル神奈川(地上デジタル11CH)による取材があり、病院関係者はもとより来院の保護者、子供さんへもインタビューがありました。診療開始から終了まで詳細かつフルに取材をしていました。どのような放送内容になるか楽しみです。
放送日は3月13日〜19日の間で時間は9:00,12:00,20:00,23:30の1日4回で20分番組になるとのことでした。



報告:池田(雅) 

1月の活動

◆2017年1月8日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名
 来院者:12名 新患:7 退院引き取り:3件 当日完治:4件 

◆2017年1月22日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:29名 新患:22件 退院引き取り:3件 当日完治:10件 

 1月の例会でおもちゃ病院の受付の人手が欲しい旨PRしましたが、1月8日は米倉さん、1月22日は萩原さんが受付業務に、参加していただきました。関根さんが退会された後の受け付業務が輻輳しておりましたので、大変助かりました。今後ともよろしくお願いします。
なお助っ人登場のせいか、22日は昨年5月以来の新患数が20を超えうれしい悲鳴でした。

報告:池田(雅) 


12月の活動

12月11日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:16名 新患:15件 退院引き取り:4件 当日完治:6件 
12月25日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:6名 新患:7件 退院引き取り:6件 当日完治:1件 


ドクターの聴診器にあたる、道具のシリーズ第3回です。今回は北岡さんの手作りによる「リモコンチェッカー」を紹介します。大きさは手のひらに乗る大変コンパクトなもので、ラジコン送信機出力及び、赤外線送信機(テレビのリモコン等に使用)の二通りの方式の検出(音とLEDの光で)ができます。
このチェッカーは北岡さんが回路を考案し、プリント基板による配線をしてコンパクトにまとめた力作です。ドクターの力強い味方が増えました。北岡さんにはこの試験器をクラブへ寄贈して頂きました。
大変ありがとうございました。

この一年、関係者の皆様活動大変ご苦労様でした。
ちなみに昨年との数値比較をしてみますと
27年 来院 398名 新患受付299件 当日完治101件
28年 来院 345名 新患受付257件 当日完治107件
受付件数は昨年の87%でしたが、当日完治率は6%アップとなりました。



報告・写真:池田(雅) 


11月の活動 

11月13日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:10名 新患:8件 退院引き取り:1件 当日完治:5件 
11月27日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:15名 新患:15件 退院引き取り:3件 当日完治:9件 

ドクターの聴診器にあたる、道具のシリーズ第2回です。今回はスピーカーの良否判定器です。
たいがいのおもちゃはいろいろな音が出るもので当然スピーカーがあり、故障点を探すときには、スピーカーそのものか、他の回路が故障しているのか判断するときに大変便利なものです。
この判定器は市販の防犯グッズで、扉が明けられると警報が鳴るようにセットできるものを改造して使用しています。その警報音を被試験器のスピーカーで鳴るかどうかチェックし、良否判定をするもので写真のように2本の硬銅線をスピーカーの端子に接触させて音が出るかどうか確認するものです。


報告・写真:池田(雅)


10月の活動

10月9日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:7名
 来院者:8名 新患:10件 退院引き取り:5件 当日完治:5件 
10月23日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:8名 新患:6件 退院引き取り:4件 当日完治:4件 

毎回レポートが同じような事柄が多く題材に悩んでいますが、今回以降しばらくは、趣向を変えてドクターの聴診器にあたる、道具をシリーズで紹介します。
第1回はラジコン送信機の電波検知器です。これは例えばラジコン自動車等が動かない場合に操縦用の送信機か、本体の自動車側受信機かどちらが故障しているかを判定するのに使います。
(現在もっと高性能な検知器を北岡さんが製作中です。)


左写真がラジコン電波検知器です。
(ドクター講習会で作りました)
右側の針状のものをアンテナに接触させ確認します。電波が正常に出ている場合には、
左側端のLEDが赤く光ります。

電波出力が低く感度が悪い場合は、
マグネチックイヤホンで音を確認します。
各チャンネルで音が微妙に変化するのが
分かります。 
 
報告・写真:池田(雅)


9月の活動 

9月11日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:5名 新患:6件 退院引き取り:0件 当日完治:2件 
9月25日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
 来院者:17名 新患:8件 退院引き取り:5件 当日完治:5件 

9月の特記は、お父さんの出番が多かったようです。ドクターとしても修理について細かく説明し、少しでも分かりやすく故障の発生が減るような遊び方を理解していただくようにしていますが、子供さんは大人の常識は通じないかもしれませんね・・・。
写真は熱心なお父さんとお母さん、皆さん完治したと喜んでおられました。


報告・写真:池田(雅)


8月の活動

8月14日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:10名 新患:6件 退院引き取り:7件 当日完治:0件 
8月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
 来院者:11名 新患:5件 退院引き取り:6件 当日完治:0件 

8月は夏休みで猛暑のせいか、新患の受付数が低調でした。こういうことは少ないのですが、受付、ドクター共に時間に余裕があり、いろいろな話題に花が咲きます。
特にドクターに関しては、道具箱の整理、修理に関するノウハウの情報交換、現状修理しているドクターの周りに集まって「ああでもない」、「こうでもない」と意見交換、これらも楽しい時間です。

報告:池田(雅)


7月の活動

7月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:10名 新患:14件 退院引き取り:7件 当日完治:4件 
7月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:8名 新患:5件 退院引き取り:5件 当日完治:1件 

近頃気になることは、ドクターの参加率が以前より減少してきていること、また新人参加者が甘利さん(26年入会)以降はないことです。
おもちゃの修理ドクターとなるとやはり技術系経験者の方や趣味としてメカに強い方に限定される傾向はやむを得ないのですが、興味のある方は是非一度見学にでもいかがですか。
またお知り合いで、クラブ員ではない方のゲスト参加も大歓迎です。HPを見た方でももちろん結構ですのでよろしくお願いします。

報告:池田(雅) 


6月の活動

6月12日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:18名 新患:14件 退院引き取り:6件 当日完治:5件 
6月26日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:16名 新患:9件 退院引き取り:8件 当日完治:3件 

5月に話題となった、プラレールを13台持ち込んだ男の子が入院していた残りの2台(完治)を引き取りに来院、今度はお母さんと一緒で、元気よく「ありがとうございました」と挨拶して帰りました。
ちなみにHPの記事と写真を見ていただいたとお母さんが話されていました。

報告:池田(雅)     


5月の活動

5月8日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
 来院者:12名 新患:4件 退院引き取り:5件 当日完治:2件 
5月22日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:27名 新患:27件 退院引き取り:3件 当日完治:17件 

5月22日は当日完治が17件と快挙です。
プラレールを13台持ちこんだ男の子は修理している間、大変良く話をしてくれました。まだ自宅には10台以上のプラレールがあるとのこと。鉄道マニア的で車両の詳細な名称や走っている路線の名前がポンポン飛び出します。
その男の子の持ってきたおもちゃについては、当日完治したのはプラレール10台、ミニカー1台で保護者の方と一緒に大変喜んでいただきました。

完治したプラレール10台とミニカー1台と一緒に

報告・写真:池田(雅)


4月の活動 

4月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:22名 新患:11件 退院引き取り:7件 当日完治:8件 
4月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:15名 新患:11件 退院引き取り:9件 当日完治:7件 

4月24日、少し空いた時間に磯川さんと長谷川さんが公民館の第3談話室のブラインドの修理を行いました。
公民館からは時々備品の修理も依頼されることもあります。(24日のブラインド修理は自発的ですが)
譜面台、テレビのリモコンその他いろいろと・・・。

報告:池田(雅)


3月の活動

3月13日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
 来院者:20名 新患:7件 退院引き取り:20件 当日完治:4件 
3月27日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
 来院者:7名 新患:8件 退院引き取り:4件 当日完治:2件 

3月17日19時より、湘南ふじさわシニアネットの「ライブスタジオかわせみ」へ小山、池田(雅)が出演しおもちゃ病院の活動についてプロであるMCの山崎さんよりインタビューを受け予定時間の30分を超える熱心なお話しとなりました。
終わりには山崎MCよりくげぬま探求クラブのことについても紹介していただきました。
この模様は湘南ふじさわシニアネットのHP内で見ることができます。(1カ月毎更新)
また録画はYOU TUBEで公開されていますのでご覧いただければと思います。
「動画はこちら」⇒https://youtu.be/vLY6JrTFtig?t=1s


報告・写真:池田(雅) 


2月の活動 

2月14日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
 来院者:9名 新患:6件 退院引き取り:9件 当日完治:1件 
2月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:35名 新患:22件 退院引き取り:5件 当日完治:4件 

2月28の来院者は14日の9名をはるかに上回る35名となり、スタッフ一同今まで見たこともないような混雑で病院入口ドアから廊下へ8席の椅子を用意しお待ちいただくという盛況ぶり。受付だけでは処理できずドクターも急きょ応援に回り、大わらわでした。これも日頃のおもちゃ病院のスタッフが受付対応の良さ、技術力の高さ、子供さんとの楽しい接触を通し、地域の方々の信頼を得ている賜物と思いスタッフ一同感謝致します。


報告・写真:池田(雅)


1月の活動

1月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:17名 新患:19件 退院引き取り:11件 当日完治:7件 
1月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:23名 新患:14件 退院引き取り:7件 当日完治:5件 

28年1月の来院者は正月明けにも関わらず、40名と相変わらず盛況でした。
おもちゃ修理は多岐に亘り、また同じ種類のものでも、故障箇所がまったく同じということはほとんど無いので、その都度頭を捻って考え込むこともありますが、経験と技術と勘は日々少しずつ向上していることは間違いないと思います。
我々の頭脳は、おもちゃを修理している時はきっと血流が盛んに流れているでしょう・・・なんてすぐ健康オタクっぽいことを考えてしまいますが、子供さんの喜ぶ顔を見るためにスタッフ一同今年も楽しく励みたいと思います。

報告:池田(雅)


 12月の活動 

12月13日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:8名
 来院者:16名 新患:12件 退院引き取り:2件 当日完治:2件 
12月27日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名
 来院者:24名 新患:16件 退院引き取り:4件 当日完治:5件 

●27年1月より12月までの来院者の累計は来院者398名、新患299件
 うち当日完治は101件となります。思ったよりも当日完治が約1/3と多いです。
 当日完治は特に、親御さんと子供さんの目の前で治し、受付者、ドクターは「治ったー良かったねー」という
 言葉を聞き心の糧になります。
 1年間の活動ご苦労様でした。

報告:池田雅


11月の活動 

11月8日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:9名 新患:8件 退院引き取り:6件 当日完治:4件 
11月21日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:20名 新患:7件 退院引き取り:9件 当日完治:3件

●修理したおもちゃを受け取りに来た時、子供さんにお母さんが「ありがとう」と言うんですよと言われることは
 多いが、21日は修理をする前に子供さんから「お願いします」を連発されてこれは完治させなければいけないな
 と自覚させられますが不治の場合もあるわけで返事はしたものの心の中では「う〜〜〜ん」となります。

報告:池田(雅)


10月の活動

10月11日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
 来院者:12名 新患:19件 退院引き取り:5件 当日完治:6件 
10月25日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
 来院者:11名 新患:12件 退院引き取り:4件 当日完治:5件 

●25日にプラレールの修理を7台持ってこられた方がおられたが、この中で心臓部のモーターの故障が2台。うち1台
 はモーターを分解修理、これは2台分の部品で1台を再生させたもの。あとの1台は新品のモーターと交換しま
 した。 モーターが故障するのは電池の液漏れ、子供さんが電車を押さえて無理な負荷をかけること、経年劣化に
 よる回転 部の通電不良等が考えられますが、おもちゃメーカーさんはこのように我々が修理することに対してど
 のように思っておられるのか聞いてみたいものです。

報告:池田(雅)


9月の活動

9月13日(日)鵠沼公民館  13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
 来院者:13名 新患:12件 退院引き取り:4件 当日完治:4件
9月27日(日)鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
 来院者:13名 新患:6件 退院引き取り:4件 当日完治:4件

27日はドクター参加がやや少なかったものの、受付が5名と現在要員が全員参加した。

●データを正確に調べてはいないが受付を通るおもちゃを見ていると多いと思われるのが「プラレール」で、中で
 も機関車トーマスシリーズが多いがどれも顔が似ているように見え、記入に困ることが多い。やはり男の子が乱暴
 に扱い壊れることが多いようだ。電池ボックスの清掃からタイヤ交換、連結器の破損、断線の修復、さらにはギア
 やモータの交換など、ほとんどは完治して退院させられるものが多い。多岐にわたる故障を見事に治してくれる
 ドクターの腕にいつも感服している。

報告:小山


 8月の活動

8月9日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:8名
  来院者:14名 新患:14件 退院引き取り:4件 当日完治:8件 
8月23日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名
  来院者:12名 新患:4件 退院引き取り:7件 当日完治:0件 

●8月23日の開院日より嶋村さんが、受付スタッフとして参加して頂けることになりました。この仕事は受付書
 類の発行、ドクターへの修理割り振り、依頼者への修理完了電話連絡、修理対応済みおもちゃの引取受付、
 最終的な伝票整理、時には子供さんのお相手など多岐に渡りおもちゃ病院のまさに司令塔です。
 受付の方が増えたことは心強い限りです。よろしくお願いします。

報告:池田(雅)


7月の活動

7月12日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
  来院者:7名 新患:5件 退院引き取り:3件 当日完治:1件 
7月26日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
  来院者:17名 新患:13件 退院引き取り:9件 当日完治:3件 

●今では珍しい手回し式の鉛筆削り器が持ち込まれました。
 家人がいじくり回したのか、分解され、ねじ部等バラバラで組み立て直し、無事に完治。猛暑の中、石川から
 来られた40代くらいの女性、いろいろな思い出のある品だろうかと思いつつ、この病院は子供だけでなく大人
 の心も癒すことができるのではないでしょうか。

 写真は「忙中閑有り」でお客様がいなくなりほっと一息、ドクター達はじっくり修理する人、工具の整理、
 情報交換等、受付の方は伝票の整理でよりサービスアップとなるように目指しています。

報告・写真:池田(雅)


6月の活動

6月14日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
  来院者:18名 新患:12件 退院引き取り:8件 当日完治:5件 
6月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
  来院者:31名 新患:15件 退院引き取り:5件 当日完治:4件 

●14日、2歳くらいの女の子、いつもぬいぐるみのネコちゃんといっしょに寝ているが、鳴かなくなったと持って来
 られた。治してすぐ持ち帰れないと分かると大声で泣き出し、じゃあ鳴かないままで帰る?と聞くと厭だと言って
 また泣き出してしまう、ドクターも「泣く子と地頭」には勝てません。
 お母さんがなだめすかしてやっと泣きやみ入院手続き、これは完治させないと大変です・・・・。
 次の28日には無事に完治、これでホットしました。

報告・写真:池田(雅)


5月の活動

5月10日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名
  来院者:18名 新患:8件 退院引き取り:4件 当日完治:4件 

5月24日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
  来院者:7名 新患:9件 退院引き取り:3件 当日完治:3件 

● 従来では修理が不可能と思われるクリスマスツリーのバラバラになった薄い底板を新しいプラスチック補修再生
 の器材(プラリペア)を活用して遺跡の陶磁器の破片を貼り合わせるような感じで、完璧に直しました。

●76歳の男性がピストルのおもちゃを持ってこられ、これは家の中で家族を呼ぶために使いたいとのことで電池の
 取り替え方が分からないので教えて欲しい。また大事にしている懐中電灯の電球の取り替え方が分からないとのこ
 と、「専門家に聞いて良かった」と納得され、うれしそうにしてお帰りになりました。
 子供さんだけでなく、高齢者の日常生活に便利なおもちゃ、例えば椅子に腰掛けたままや、膝を曲げなくても床に
 おいてあるものを取れるマジックハンドのようなものなど実際に介護施設で推奨し使われていることもあるようで
 す。 我々にはごく当たり前のことが、高齢者にとっては、難しいものと思われていることもあり、ご相談を受け
 る機会があれば分かりやすい説明をして、親切に対応していきたいと思います。

報告:池田(雅)


4月の活動

4月12日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名
   来院者:10名 新患:5件 退院引き取り:6件 当日完治:2件 

4月26日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
   来院者:14名 新患:11件 退院引き取り:3件 当日完治:5件 

●今年度も順調に始まりました。新しいプラスチック補修再生の器材(プラリペア)を活用してお客様のご期待に
 より一層応えられるようにドクター一同研鑽・探求します。

報告:池田(雅)


3月の活動

3月8日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00
ドクター・受付参加者:12名 来院者:7名 新患:11件 退院引取り:14件 当日完治:3件 
◆来院した男の子、当日完治を目指してドクターが大奮戦するも待ちきれず寝てしまいました。寝顔があまり可愛いので承諾を得て1枚撮らせていただいたのでアップしました。お疲れ様。(小山)

3月22日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00
ドクター・受付参加者:9名 来院者:22名 新患:21件 退院引取り:7件 当日完治:10件

●医学会では再生医療が話題のようですが、おもちゃでもプラスチックの欠損した部位を再生する新しい補修材料を 利用することで、購入を検討しています。常日頃からより良い修理方法を検討しお母さん、子供さんの期待に応え るよう皆さん努力をしています。
●古代遺跡の土器を発掘し破片を組み合わせるようなこともやっています。まるでパズルです、おまけに家の方が適 当にいじったり、接着したり、部品が欠損したり、ますます分からなくなります。頭の体操で脳の血流がよくなり 、心身ともに健康になります。

報告:池田(雅)


2月の活動

2月8日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
来院者:19名 新患:12件 退院引き取り:6件 当日完治:7件 

2月22日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名
来院者:18名 新患:22件 退院引き取り:5件 当日完治:5件 

◆2月も盛況で、受付は「てんてこまい」ですが、受付業務、お客様とドクター間の調整を迅速な処理をして頂いて います。
◆22日は小さな男の子が大きな声で「動いたぁー!」と喜びの声をあげていました。
◆子犬のぬいぐるみを修理に来られた子供さんが、治すためには体を傷つけることになるとお話したら、治さずに持 ち帰りされました。おもちゃに対する思い入れを我々は良く理解して対応をしなければと再認識した次第です


報告:池田(雅)

1月の活動

1月11日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:16名 
来院者:24名 新患:18件 退院引取り:12件 当日完治2件 

1月25日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:15名
来院者:19名 新患:17件 退院引取り:5件 当日完治:6件

◆今年も盛況のうちに開院となりました。来院者が集中し椅子を出して待っていただく事態も発生。「行列のできる おもちゃ病院」です。
 スタッフ一同、期待に応えるべく、笑顔で親切・的確処理の受付、見えない目は拡大鏡でフォローし、難しいこと は三人集まり「文殊の知恵」で対応していきます。


報告:池田(雅)、写真:小山


12月の活動

12月 4日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名 
来院者:24名 新患:16件 退院引取り:3件 当日完治6件  

12月21日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名 
来院者:19名 新患: 7件 退院引取り:9件 当日完治3件

おもちゃ病院のスタッフの皆様今年1年ご苦労様でした。地域に根付いた活動で常に喜びの歓声が聞こえる1年でした。これを活力に来年も向上心を持って 活動していきたいと思います。

報告:池田(雅)


11月の活動

11月9日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名 
来院者:19名 新患:14件 退院引き取り:8件 当日完治:5件 

11月23日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
来院者:18名 新患:22件 退院引き取り:4件 当日完治:2件 

◆11月は両日とも盛況で、子供さん、お母さんの声で賑やかでした。
◆お母さんと一緒に来た男の子がプラレールの機関車17台を持込み、ドクターは大忙し。結果はほとんどが電池
 切れで当日完治でした。
◆茅ヶ崎の方で、辻堂の友人から鵠沼公民館へ行けばおもちゃを治してくれるとの口コミで来られた方も、また季節
 柄クリスマスに関係したおもちゃ(プレゼントの箱の中にセットされたメリーゴーラウンドが自動的に箱の蓋が開
 き回り出す)が当日完治で、音楽を奏でながら動くようになり、皆で「間に合って良かったねー」と大歓声でし
 た。

報告:池田(雅)


10月の活動

10月12日(日)13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:11名
来院者:12名 新患:8件 退院引き取り:6件 当日完治:2件 

10月26日(日)13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名 
来院者:11名 新患:9件 退院引き取り:5件 当日完治:5件

◆祖父・祖母・父・母・子供2名の3世代家族来院、当日完治
◆某ドクターが3pほどのバネを飛ばしてしまって行方不明に。来院者も加わって総出で大捜索。前述の祖母が見事
 発見。
◆30年前にスイスで買われたオルゴール、捨てるに捨てられず持ち込まれたが見事に治り大感激して帰られた。

報告:新村・小山


9月活動

9月14日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:9名  
来院者:10名 新患:8件 退院引き取り:9件 当日完治:5件 

9月28日 鵠沼公民館 13:00〜16:00 
ドクター・受付参加者:11名 来院者:5名 新患:8件 退院引き取り:2件 当日完治:1件 

◆近頃お孫さんのために、修理に来られる場合、おばあちゃん一人で持って来られる事例が意外と多いようです。
 ドクターの皆さんとああでもない、こうでもないと修理に関して、会話を楽しんでいるようにも見受けられます。
 本当に女性は積極的、好奇心旺盛ですね、それに比べるとおじいちゃんは本当に少ないです、男性もがんばって頂 きたいと思います。(当クラブ員は別ですが・・・・・)

報告:池田(雅)


8月活動

8月10日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:10名 
来院者: 9名 新患:8件 退院引取り:4件 当日完治7件  

8月24日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名 
来院者:10名 新患:8件 退院引取り:3件 当日完治2件

◆長後から来られた小学校1年生の男の子、今月2回連続でお母さんと来院されましたが、この男の子が大変面白い というかびっくりというか、知識あり、好奇心旺盛で口が良く回り、ドクターの皆さんも感心しきり。
 本当に楽しそうにドクターの周りを質問攻めで聞きまわり、納得のいくまで話をするという具合です。お母さんと の話を聞いているとクリスマスプレゼントに「時計用精密ドライバー」を買って欲しいとか、きっといろいろなお もちゃを分解してみるのかな、それをニコニコしながら聞いているお母さんもすばらしい、将来が楽しみな男の子 でした。

報告:池田(雅)


7月活動

7月13日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名 
来院者:7名 新患:3件 退院引取り:3件 当日完治2件  

7月27日(日) 鵠沼市民センター 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名 
来院者:7名 新患:6件 退院引取り:1件 当日完治3件

◆7月27日 閉院間際のギリギリ・ラストで現体制下での受付件数が1000件に達成しました。(猛暑のせいか来 院の方が少なく今日は達成無理かなと思っていたのですが)これにはおもちゃ病院のスタッフ全員が拍手で歓声で す。
◆1000件目の方は「西村 昌子様」、お孫さんのバスのおもちゃを持参されました。故障原因は電池切れで即OKで す。1000回記念の記念品をおもちゃ病院として、贈呈しましたが、その品物はズバリ電池チェッカーです、予測 していたのか!!と思われる出来事でした。
 詳細は別途ホームページ、会報へ掲載します。

報告:池田(雅)


6月活動

6月8日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名 
来院者:17名 新患:21件 退院引取り:8件 当日完治:6件  

6月22日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:13名 
来院者: 8名 新患: 4件 退院引取り:4件 当日完治:2件

・お母さんが、「赤ちゃんはこの緑のボタンを押すと鳴る音楽が大好きなんですよ、治りますか?」・・・なるほど三つあるボタンのうち緑のボタンの基盤の押しボタンスイッチが接触不良で、交換し完治しました。思わず赤ちゃんの顔が輝きました。(8日)

・おもちゃは単なる玩具ではなく思い入れの深いものです。親から子へ子から孫へ引き継がれたおもちゃの修理の依頼もあり、期待に応えねばと頑張ります。(22日)

報告:池田(雅)


5月活動


5月11日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名 
来院者:11名 新患:16件 退院引取り:6件 当日完治8件

5月25日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:12名 
来院者:12名 新患:12件 退院引取り:6件 当日完治5件
・新幹線と機関車を引取りに来た男の子が、直って動く様子を見て思わずにっこり、可愛かったので写真1枚パチリ、
 HP掲載の了解を頂いた(11日)

5月26日(月)  神奈川県立こども医療センターにて5年間の活動についての表彰を受ける。(長谷川、池田出席)
        (詳細は別途掲載の予定)


報告:池田(雅)、写真:小山


4月活動

4月13日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:  名 
来院者:24名 新患:15件 退院引取り:7件 当日完治: 6件

4月27日(日) 鵠沼公民館 13:00〜16:00 ドクター・受付参加者:  名 
来院者:2名 新患:3件 退院引取り:1件 当日完治: 2件

・お母さんが、この「ウルトラマンライト」が壊れて子供が落ち込んでいましたと言われていましたが、おもちゃは当日完治し子供さんが帰るときに大変大きな声で嬉しそうに帰りました。(13日)

報告:池田(雅)




 
おもちゃの病院受付1,000件達成!  (2014年7月27日)

7月27日(日)午後3時20分過ぎ、閉院時刻の少し前、女性が1台のバスを持って来院しました。お孫さん愛用のおもちゃだが動かなくなってしまったということでした。これが新しい受付方式になってから1000件目の記念すべきおもちゃとなりました。
新しい受付方式が始まったのは平成22年、以来4年あまりで1,000件を達成したことになります。
1,000件達成の裏には、月2回休むことなく続けてきた地道な活動、時にはドクター総がかりで知恵を出し合って取り組むといった結束の強さ、そしてその中で培われてきた修理技術の研鑽が実を結んだものと言えるでしょう。

取り扱った1000個のおもちゃには持ち主の子供たちの(時には大人の)夢と希望、そして沢山の想い出がが託されています。この大事なおもちゃたちをドクターたちは何とか治してあげようと必死に治療(作業)をします。その結果見事に完治したときの子供たちの「なおったー!」の笑顔、保護者の「よかったねー」の笑顔、ドクターにも笑顔の輪が広がります。
逆に不治(修理不能)の時はベテランドクターも落ち込み、反省会での酒量が増えることに・・・。(会社人間時代のヤケ酒ではないですよ)

最近のおもちゃは電子基板が使われるなど高度なものが増えていてドクターを悩ませます。一例をあげれば、超小型ラジコンヘリに使われている電動モーターはスマートフォンの振動用のものが使われたりしています。また、構造も複雑化していて内部を点検したいのに開けることができないなど苦労の連続です。
総勢10人を超えるドクターはそれぞれ得意分野があり、困った時はお互いにノウハウを惜しみなく提供して、完治に向けて努力しています。

地域の皆さんの期待に応えるべくこれからもチームワークを基本にして多くの笑顔が広がるようおもちゃの病院を運営していきたいと思います。

1,000件目の西村様に記念品贈呈(電池チェッカー) 早速診断、結果は……電池切れでした
   
受付担当の面々 1,000件目のおもちゃです

報告・写真:池田(雅)

 

おもちゃの病院に感謝状(2014年5月26日)


去る5月26日、おもちゃの病院に神奈川県立こども医療センターから、同センターの長年にわたるおもちゃの修理活動に対して感謝状と記念のメダルが授与された。
おもちゃの病院は平成20年から県立こども医療センター内のプレイコーナーや様々の医療現場に置かれているおもちゃの修理を行っている。
これらのおもちゃは寄贈されたり、スタッフのポケットマネーで購入され提供されたものも多いが、壊れてしまってそのままになっていることが多かった。そこで我がおもちゃの病院が修理に名乗りを上げて修理を行っている。
壊れたおもちゃは修理伝票を付けて院内のボランティアルームに集められ、一定程度集まったところで引き取りに行き、おもちゃの病院開院時に活動の合間を縫って修理を行い返却している。
治ったおもちゃで遊ぶ子供たちの顔を見ることはないがその光景を瞼に描きながらの修理に精を出すドクターたちである。
今回はその活動に対しての感謝状とメダルの授与である。


クリックして拡大

記事:小山

 
    おもちゃの病院 「愛犬てつ」の入院物語

(江森ドクターの治療報告)   (文:江森さん)

 2月12日の「おもちゃの病院」で預かったリモコンのロボット犬「愛犬てつ」ですが、精査したところ専用ICが破損しておりました。本来ならばこのまま「不治の病」でお返しするところですが、私が依頼を受けたときの母娘の表情がとても真剣で、特に女の子の眼差しに「何とか治ってほしい」という哀願のようなものを感じました(私の勝手な想像ですが、おそらくこのご家庭では本物のペット犬を飼えない環境にあり、仕方なしにロボット犬で我慢してもらっているのではないか、そして女の子はこのロボット犬をこよなく可愛がっているのではないか)。

 そこで私も一念発起して、何としても治してあげなければと思い色々と考えましたが、この場合臓器移植(IC基板を交換する)以外の道は考えられません。そこで全国の「おもちゃの病院」の交流のあるドクター(普段、情報交換をしたり、歯車を融通してもらったり、電子部品などを送ってあげたりなどでお付き合いがある)にお願いして、探してもらうことにしました。
 早速茨城県のドクターから連絡があり、同じロボット犬がありましたが、話をきいてみるとその症状が、こちらのロボット犬とまったく同じだったので、ひとまずお断りしました。その後、岡山県のドクターから連絡があり話を聞いたところ、該当ICを提供してもよいとの申し出があり、早速送ってもらいました。                                                          
 IC
を送ってもらったドクターに感謝しつつ、2月26日に「愛犬てつ」の心臓移植手術を緊張しながら行いました。その結果、およそ2時間半の手術に耐え、無事に移植は成功しました。本日からは早速リハビリを始めまして、元気に吼えたり、歩き回ったりしております。このままでいけば数日後には退院できるでしょう。


 回復した「愛犬てつ」は、3月11日(日)の定例日に受け取りに来院してもらい、無事退院の運びとなりました。すっかり元気になった「愛犬てつ」を抱いた女の子(そしてお母さん)の感激もひとしおであったことは言うまでもありません。

       
           愛犬てつ(入院前)                 晴れて退院!(後は江森ドクター)

(レポート:杉元)


 

鵠沼の頼れる おもちゃの病院

 鵠沼公民館におもちゃの病院が生まれたのは約10年前。当初、おもちゃ修理の講習を受けた『くげぬま探求クラブ』の数人のメンバーが地域のボランティア活動の一環にと、おもちゃの病院を開設したのが始まりです。
 治療費は原則無料ということもさることながら、手先の器用なドクターたちの名医ぶりも評判を呼び、今やスタッフは15名ほどに。動かなくなったおもちゃ、音が出なくなったおもちゃ…。捨てられる運命のおもちゃが命を吹き返し、再び、子どもたちの手に戻ります。プレゼントされた品々や思い出を重ねた品々だけに、なんとか修理をと願う親御さんたち。気軽に扉をノックできる病院の存在は口コミも手伝って大好評です。

  • 会場=鵠沼公民館
  • 開催日=第2日曜と第4日曜  午後1時30分〜3時30分 (広報ふじさわでも告知)
  • 治療費=原則無料(治療のための材料費が掛かる場合のみ実費)
ドクターは鵠沼周辺に住んでいるシニアの皆さん。長年の経験や知恵が活かされます。

治療の流れ

1. 受付
壊れたおもちゃをまず、診断。カルテを作ります。




2. 治療
さぁ修理!壁にぶつかれば、ドクターたちが知恵を出し合います。完治できるものはその場でお渡し。

症状によって入院(お預かり・後日お返し)も。 不治(どうしても治らない)のケースもあります。

3. 完治!

「なおったよ〜!」会場のあちこちから歓声が上がります。
  


活動はさらに広がりを

 平成20年から神奈川県立こども医療センターのおもちゃの修理もスタート。
こども医療センターは県内屈指の小児病院で、施設内には約20カ所のプレイコーナーがあります。寄贈されたり、医療スタッフがポケットマネーを出し合って購入された、たくさんのおもちゃがありますが、壊れたままになっているものも多いのです。
 そこで鵠沼公民館での治療の合間に医療センターのおもちゃの治療にもあたることに。「センターには多くのドクターがいますが、おもちゃのドクターはいなかった」と喜ばれているそうです。

こども医療センターのおもちゃの広場に携わる
方が入院中のおもちゃを引き取りに

 

笑顔が報酬!

 開院から約10年、エピソードもたくさん生まれました。抱くとぶるぶる振動するはずのお人形。ぴくとも動かくなってしまったのですが、無事治療を終えて、女の子に手渡したとたん、その人形をギュッと抱きしめて満面の笑顔に。お母さんに「ありがとうは?」と促されますが、あまりのその笑顔の可愛らしさに「お母さん、もう言葉以上の笑顔をもらいましたよ!」とドクターの方が感激したとか。
 また、ある時は中年男性が年代もののブリキのおもちゃを抱え「昔、祖母にねだって買ってもらった思い入れのある品。なんとかならないか」と来院。ドクターが二人がかりで、数ヶ月を要し、修復。感謝されたことはいうまでもありません。その後、そのおもちゃが当時としてはたいへん貴重な舶来のリモコン製であり、マニアの間では数百万相当の価値とも…。唯一無二のおもちゃかは知るよしもありませんが、「数百万のおもちゃを治した!」と当クラブの語り草となっています!(出典:えのぽ)


inserted by FC2 system